ジオトリフであらわれやすい副作用
下痢

主な症状

  • 柔らかく、ドロドロした便
  • 水のような便
  • 1日の排便回数が、通常時より増える

 

日常生活での対応策

下痢止め

  • ジオトリフ治療中は、下痢の症状がないときでも、常に下痢止め(ロペラミドなど)を携帯しましょう。
  • 下痢がみられたら、担当医の指示にしたがって、下痢止めを服用してください。

 

お尻のケア

  • 温水洗浄便座で洗浄したり、お尻拭き用のウエットティッシュで押さえるように拭きます。
  • 痛み、かゆみなどがある場合は、担当医、看護師や薬剤師に相談してください。

水分補給

  • 水や白湯、お茶、スポーツドリンク
    (排便回数が多いとき)などで、こまめに水分をとりましょう。

 

食事

  • 煮る、蒸すなど、油脂が少なく消化がよい調理法を選択しましょう。
  • 少量ずつでも、炭水化物(うどん、米など)、野菜(キャベツ、白菜、にんじんなど)、蛋白質(ささみ肉、白身魚、豆腐など)、果物(りんご、バナナなど)をバランスよくとりましょう。

食事の例

お勧めのもの 具だくさんスープ、ぞうすい、煮込みうどん など

控えたいもの 乳製品:牛乳、ヨーグルト。油脂が多いもの:揚げ物、ベーコン、バター など。繊維が多いもの:海藻類、イモ、ゴボウ、玄米 など。刺激が強いもの:香辛料、コーヒー、アルコール など

 

次のページ